百花繚乱-天真爛漫に-

カテゴリ:明日へむかって( 13 )

-Archives 3.11-

f0235326_23435532.jpg

あの日から2年。
これからの事を、もっともっと真剣に考えないと…。
これからの事を、もっともっと頑張らないと…。
そして、もっともっと元気に!!
そんな思いで…。
前進するために!!
Archives 3.11

…More
[PR]
by groovy-hide | 2013-03-12 00:02 | 明日へむかって

-1年が経って…-

f0235326_2250247.jpg


2012/3/11の仙石線野蒜駅。
一年が過ぎても、まだ砂に埋もれる線路。切れてぶら下がる電線。
駅の周りは土台だけが残された家。取り残された壊れたままの
住居群。満潮の時間になると水没する道路。
震災から今日で一年…。
一日も早い復興をと…改めて考えるばかりです。
そして…出来る事を出来るだけ…ポランティアを再開しようと
思ってます。
[PR]
by groovy-hide | 2012-03-11 23:04 | 明日へむかって

-祈り-

f0235326_11575859.jpg


あの日から今日で一年。

あの美しい東北を
あの優しい人々を笑顔に

また次の新しい一年にむかって。
[PR]
by groovy-hide | 2012-03-11 12:00 | 明日へむかって

-船灯輝く-

f0235326_22465254.jpg

塩釜漁港に船灯が戻りました。



9月11日
東日本大震災から半年が過ぎました。
まだまだ癒えないさまざまな思い。
まだまだ被害の爪跡が残る沿岸部の街並み。
「希望と夢と元気を・・・」の思いに合掌し黙祷を捧げます。
[PR]
by groovy-hide | 2011-09-11 14:46 | 明日へむかって

桜百景2011 -石巻日和山公園.2-

f0235326_2315110.jpg

満開の桜に復興への願いを…。

・・・More
[PR]
by groovy-hide | 2011-04-27 23:34 | 明日へむかって

桜百景2011 -石巻日和山公園-

f0235326_2325919.jpg

宮城県でも大きな被害を受けた石巻市。
その石巻市の桜の名所-日和山公園-
桜が満開の季節を迎えました。
日和山公園から日和大橋を望む。

・・・More
[PR]
by groovy-hide | 2011-04-26 23:38 | 明日へむかって

桜百景2011 vol.5 -元気と笑顔を-

f0235326_21201137.jpg

沿岸部に咲いた「桜」
沿岸部の皆さまに、少しでも笑顔を・そして元気を!

ボランティアセンターテント村の「桜」
ボランティアのみんなの疲れを癒すように!

自衛隊待避所の「桜」
世界中から・全国から支援に来てくださっている方たちに
元気と笑顔を!

そして、海水に浸かった「桜」も力強く・綺麗に咲いてました!

・・・More
[PR]
by groovy-hide | 2011-04-22 21:40 | 明日へむかって

Run For TOMMOROW -大切なひとへ-

気仙沼の岩井崎の画像をアップします。
一関に用事があり、帰りに気仙沼経由で戻ってきました。
岩井崎の状況を撮ることが出来ましたのでアップします。

岩井崎は大切な方が何度かご自身のブログでもアップ
している場所です。現状を知りたいのでは・・・と思い・・・。

f0235326_2228475.jpg


- next page -
[PR]
by groovy-hide | 2011-04-12 22:32 | 明日へむかって

Run For TOMMOROW -最終夜-

今日で会社の自宅待機の一週間が終わります。
災害ボランティアとしての一週間が終わりました。
自分では一生懸命にやったという思いと、反面、
まだまだ復興への先の見えない現場が残って
しまったなぁ。という2つの思いがあります。
時間を作ってまた来ると決めて現場からの
帰途につきました。

海の夕景をアップします。
f0235326_21241685.jpg

この夕景の、鉄塔の前に本来は水は無いはずなのですが・・・。

- next page -
[PR]
by groovy-hide | 2011-04-10 21:37 | 明日へむかって

Run For TOMMOROW -第4夜-

福島から仙台へ避難してきた友人に再会できました。
震災時は津波の被害にあい、続いて原発の20km圏だったため
屋内退避区域に指定され、津波の被害の対応もできなくなり、
やむを得ず仙台へ避難してきました。
家財道具も持ち出せずに、着の身着のままでの避難となったよう
です。
話しを聞いた友人たちが調理器具や茶碗などの日用品を手配し、
必要な家具なども揃えるのにお手伝いしたようでした。
同行したおじいちゃんは「やっぱり戻りたいねぇ」とおっしゃって
ました。
いろいろお話しを伺いましたが、想像すらできない状況にただただ
驚くばかりでした。
今回の震災の大きさをさらに実感させられる時間でした。

一枚目の写真は、被災地の中のお宅の花壇で満開を迎えた
ミニスイセンの写真です。被災地にも春が確実に近づいてます!
f0235326_2328725.jpg


- next page -
[PR]
by groovy-hide | 2011-04-09 23:41 | 明日へむかって